へんな旅ばかりしています。

へんな旅をしているようなので、自分のための防備録的にやってみます。

乗船記

沖縄に雨だけど行きました、その2:「ノボテル沖縄那覇」ラウンジ朝食+那覇の博物館めぐり。

雨の沖縄、2日目です。 翌朝、お天気は相変わらず曇天。雨が降ったりやんだり、といった感じです。 プレミアフロア宿泊だとラウンジで朝食が頂けます。レストランでの朝食に比べて品数も少なくシンプルですが、和洋ビュッフェスタイルで一通りは揃っている感…

東京九州フェリー、おかわり。その2:「それいゆ」乗船+ちょっとだけサヨナラ「ホームライナー」。

東京経由で名古屋へ帰ります。 夜10時に小倉駅に到着、新幹線口へ。 駅前のバス停からフェリー連絡バスに乗車します。同じ系列の阪九フェリーと同じ乗り場。バスは西鉄バスですね。 小倉駅から門司駅前を経由し、東京九フェリーの新門司港ターミナルに到着。…

帰省ついでに鉄道宿へ、その1:名門大洋フェリー新造船「フェリーきょうと」で九州まで。

この年末年始は久々に実家に顔を出しに行ってきました。まぁまぁの田舎なもので、今回はマイカーでの移動に。九州までずっと運転するのもダルいので、途中はフェリー利用、名門大洋フェリーが最近就航させたばかりの新造船「フェリーきょうと」にしてみまし…

北東北温泉巡り、その5:100年前の未来都市で「あけぼの」に再会する。

今日は秋田から名古屋まで帰ります。 ホテルの送迎車で、十和田湖駅まで送ってもらいました。現在、十和田湖まで来るバスは青森か八戸からのJRバス東北の路線のみ。その昔は花輪線の十和田南駅も十和田湖への玄関口となっており、ここからのバスもあったので…

さよなら?寄港便、新日本海フェリー「らいらっく」で過ごす二晩。

トマムからの帰路はフェリーで。 トマムから1時間強で南千歳に到着。ここで新千歳空港行きへ乗り換え…せずに下車します。 駅前のロータリーにあるバス乗り場には1台のバスが待機していました。新日本海フェリーが発着する苫小牧東港フェリーターミナル行きの…

ただ船に乗りに行く瀬戸内、その2:生活航路のお洒落フェリー、瀬戸内海汽船「シーパセオ2」と呉線代行バス。

また船に乗ります。 今治から松山行きの普通列車に乗車します。7000系電車の2両編成。JR四国は車両の形式の名付け方が旧国鉄時代から大きく変わってるのが他のJR旅客各社と違うところですね。 高速道路は今治から松山までは山間部を突っ切って行きますが、予…

ただ船に乗りに行く瀬戸内、その1:地味にゴージャス、四国オレンジフェリー「おれんじおおさか」で愛媛まで。

大阪からは瀬戸内で船に乗って「青春18きっぷ」を消化する旅に出発です。 午後7時半過ぎ、大阪南港フェリーターミナルにやってきました。大阪メトロの南港ポートタウン線のフェリーターミナル駅に直結なので、すごくアクセスが便利な港です。 今日はここから…

何しに行ったか謎になった旅、その2:また運休でピンチ!だったけど結果よかった件。

本当はココに来る予定はなかったんですけどね。 一晩明けて青森は曇り空。幸い雨は降っていないようです。ちょうど朝7時、携帯に着信がありました。かけてきたのはコチラ。 www.tohokukanko.jp 青森から下北半島を結ぶ高速船を運航する「シィライン」です。…

スゴイ列車でスゴイ庭に行く旅、その3:実はレアなんだよみんな気付けよ!「DLやまぐち」に乗ってきた。

そこまで話題になってた感じがしなかったんだよな…何故だ。 安来駅からは新山口行き「スーパーおき」に乗車します。 車両はキハ187系の2両編成。特急用なのにスパッと切り落としたようなデザイン無視!みたいなお顔が印象的ですが、これで振子式搭載で120km/…

陸海空乗るだけサマー、その2:祝就航!「東京九州フェリー」に丸一日乗るだけサマー。

7月から新規就航の「東京九州フェリー」に乗ります。 横須賀中央駅から徒歩で横須賀港へ向かいます。今日はこれから「東京九州フェリー」新門司行きに乗船します。横須賀警察署のあたりまでくると大きな船が見えてきました。 「東京九州フェリー」は新日本海…

ひねくれて、アルペンルート。その1:バブリーなグリーン車で富山まで。

5月のとある週末、こんどは大人しく過ごそうと思ってました。ちょうど観たい映画もあったし…。 gaga.ne.jp www.hark3.com しかしながら、5/20に愛知県が「緊急事態措置」の強化を決定。大規模商業施設に週末営業の自粛を求めました。映画館は要請対象ではな…

密回避!GW北海道マイカー紀行、その9:北海道最終日、超レアな顔ハメ看板を発見。

今日は北海道最終日。フェリーの出航する小樽へ向かいます。 国道229号はここからせたな町の中心街までは内陸部を通るルートになります。日本海沿いとなる道道740号に入りましたが、所々に道幅が狭い区間も。 遠くには奥尻島も見えています。 交通量も少なく…

密回避!GW北海道マイカー紀行、その1:フェリーで北海道上陸。

今年のGW、密かに北海道へ行っておりました。 今回はご時世柄で密回避!というわけで、久々にマイカーをフェリーに乗っけて出かけようと企画。名古屋から北海道へは苫小牧行きの太平洋フェリーが運航していますが、仙台経由で2晩と結構時間がかかります。実…

伊勢湾一周したらアレに出会えた話、その1:島伝いに鳥羽へ。

6月の最初の土日、実は北海道に行く計画でした。「オールインクルーシブってどんなもんじゃ」と「クラブメッド北海道トマム」を予約していたのですが、北海道が緊急事態宣言に入ったことによりホテルが休業を決定。一泊2万ちょっとでお安く取れてたのに…。幸…

Who saves the queen? 「クイーンビートル」乗船記。

JR九州高速船の運航する、博多と韓国の釜山を結ぶジェットフォイル「ビートル」。1991年に就航し、当初は営業的にも運行的にも苦労したようですが、約3時間で気軽に行ける海外旅行として人気となり、最盛期には年間35万人も利用する人気路線となりました。最…

「36ぷらす3」に乗る、その1:意外と行きにくい宮崎へフェリーで。

JR九州の新しい観光列車「36ぷらす3」に乗ってきました。 この「36ぷらす3」、毎週木曜日から翌週月曜日までの5日間の日程で九州を一周するルートを走行しますが、運行は昼間のみ。各日がそれぞれ1本の臨時列車として運転されるので、それぞれの日程で…

地味にがんばるオーシャン東九フェリー「フェリーどうご」で東京へ。

「TOTOシーウインド淡路」からは一路、東京を目指します。船で。 宿を出て神戸淡路鳴門道を南下、大鳴門橋を渡って徳島港に到着しました。 ここからはフェリーで東京へ向かいます。「オーシャン東九フェリー」は東京~徳島~北九州を2泊3日で運航しています…

佐世保から帰還まで。

佐世保ワシントンホテルで一泊のあとにオリーブベイホテルへ行ったわけですが、昼間の予定は特に決めていませんでした。ちょっと距離はありますが、平戸の方にクルマのCMなどでもよく使われる景色のいい道路があるとのこと。その先の大バエ灯台を目指しまし…

マイカーで行く「オリーブベイホテル」までの道。

長崎「オリーブベイホテル」まではフェリーを活用しマイカーで出かけました。 名古屋からは東名阪道=>名阪国道=>西名阪道を経由して大阪南港まで3時間かからずに来てしまいました。阪神高速の6号大和川線が今年3月に開通したおかげで、この経路だと大阪中心…

ちょい早?の日光で紅葉狩り。

10月中旬に日光に来ちゃったんだから、そりゃ行くよね。 日光金谷ホテルをチェックアウトし、中禅寺湖方面へのバスへ乗車します。10月の日光といえば紅葉、折角この時期に来てるんですから見ずに帰るのは勿体ないですよね。渋滞が心配ですが、行ってみること…

西のラスボス?「雲仙観光ホテル」を目指す旅。その2:ラスボス?登場。

今日はついにラスボスが登場します。 ホテルから市電で一駅、熊本駅へやってきました。 今日はまず島原を目指すわけですが、熊本と島原の間にはフェリーが2社も運航しています。そのうち一つが高速フェリーで所用30分で行ける「熊本フェリー」、もう一つが通…

7月四連休の「へんな旅」その4。オール個室の豪華?船「四国オレンジフェリー」に乗る+JGC修行もあるよ。

松山からは夜行のフェリーで大阪へ。一応「GoToキャンペーンの対象」ということになっていますが、いまだに詳細が不明なんだよなぁ…。 これから乗船するのは「四国オレンジフェリー」で、出港は松山からではなく、ここから東に1時間ほど、西条市にある東予港…

阪九フェリーの新造船「せっつ」に乗りました。

阪九フェリーが今年、神戸~新門司航路に新造船を投入します。その第1船となる「せっつ」が3月10日に就役しました。その新しいフェリーに乗ってきました。 小倉駅の北口にあるバス停から、阪九フェリーの無料送迎バスに乗車します。 今日の送迎バスは2台での…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その4:阪九フェリー変則運航に乗る。

帰りは大阪までのフェリーを利用。小倉駅前から19:40発の阪九フェリー無料送迎バスに乗車します。今日の送迎バスは2台体制での運転、三連休ということもあって徒歩乗船利用は多い印象です。 門司駅前も経由して乗客を拾い、新門司港には30分ちょっとで到着し…

令和元年13発目、また「この時期」で?香港。その4:マカオから香港へ。

マカオで一泊して、香港へ移動します。今度はフェリーを使うことにします。港珠澳大橋のバスも便利でしたが、香港の中心部に行く場合には空港近くの香港側ターミナルで市内方面のバスに乗り換える必要があるので、マカオ中心部⇔香港中心部の移動手段としては…

令和元年12発目、鹿児島で遊んできた。その3:鹿児島市電貸し切り+変わったバス乗車。

「薩摩明治村」で一泊の後、送迎車で垂水港まで送ってもらいました。 ここから鹿児島までのフェリーに乗船。ちょうどドックダイヤで減便されている時期ですが、通常は1日25往復も運行されています。桜島フェリーの異常値ともいえるフリークエンシー(最大で15…

令和元年11発目、Manga見たさに愉快なロンドン。その7:リトルベニスからカムデンロック。

ロンドン3日目。パディントン駅からほど近いところに「リトルベニス」と言われるエリアがあり、そちらに行ってみました。 ウォレンストリート駅からバスに乗って、パディントン駅を過ぎてもう少し進んだあたりのバス停で下車。で、運河沿いに出るとこんな風…

令和元年4発目、海にのぞみはあるのか。その3:海に「のぞみ」を探しに来てみた。

さて、そろそろ熱海とお別れの時間です。 こいつで出発。 熱海港のターミナルは先ほどのロープウェイ乗り場の近く、というかロープウェイ乗り場が熱海港の近くといった方が正しいな。ここからは伊豆大島行きと初島行きが主に発着。かなり年季の入った、平屋…

令和元年2発目、門司港駅。その2:阪九フェリー「いずみ」

梅田から難波へ移動。意味もなく大阪シティバスを使ってみました。 はも寿司はさっきの「京とれいん 雅楽」で喰っちゃいましたが、もう少し何か軽く…と思い、こちらのお店へ。2018年度版までのミシュランにも掲載されていたという「わなか」です。2019年度版…