へんな旅ばかりしています。

へんな旅をしているようなので、自分のための防備録的にやってみます。

国内旅行

阪九フェリーの新造船「せっつ」に乗りました。

阪九フェリーが今年、神戸~新門司航路に新造船を投入します。その第1船となる「せっつ」が3月10日に就役しました。その新しいフェリーに乗ってきました。 小倉駅の北口にあるバス停から、阪九フェリーの無料送迎バスに乗車します。 今日の送迎バスは2台での…

近鉄特急「ひのとり」プレミアムシートに乗りました。

近鉄が名阪特急の新しいフラッグシップとして送り出した「ひのとり」。2020年3月14日から運行開始となりましたが、運行2日目のプレミアムシート、しかも前から2列目という好条件なチケットをゲットできたので乗ってきました。 乗車するのは大阪難波駅16:20発…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その5:阪堺電車でのんびりと。

送迎バスは10本ほどで南海電鉄の泉大津駅に到着しました。 ここから難波駅までは急行に乗れば20分ほど。でもノーマルに向かうのも面白くないので、各駅停車に乗車。 5駅先の浜寺公園で下車します。 現在の駅舎は高架工事に伴って無味乾燥なものになっていま…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その4:阪九フェリー変則運航に乗る。

帰りは大阪までのフェリーを利用。小倉駅前から19:40発の阪九フェリー無料送迎バスに乗車します。今日の送迎バスは2台体制での運転、三連休ということもあって徒歩乗船利用は多い印象です。 門司駅前も経由して乗客を拾い、新門司港には30分ちょっとで到着し…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その3:肥薩線観光列車乗りまくり。

霧島ホテルでの一泊を過ごし、バスで霧島温泉駅を目指します。予め利用予定のバスの時間をフロントで伝えておくと、時間に合わせてバス停まで送迎車で送ってくれます。 霧島温泉駅まではちょうど30分。 駅の待合室には古い案内図が掲げてありました。1988年…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その2:「霧島ホテル」の超巨大風呂。

本日のお宿は「霧島ホテル」です。およそ300年前に開湯した硫黄谷温泉を引き、坂本龍馬も新婚旅行の際に滞在したとか与謝野鉄幹・晶子夫妻が泊まったとか、由緒のあるお宿だったりします。 霧島周遊観光バスを降りたところの向かいにあるバス停で、鹿児島空港…

令和2年5発目、霧島温泉に泊まってみた。その1:霧島周遊観光バス乗車。

令和初の天皇誕生日がやってきた2月、3連休なのでお出かけしました。 まずはセントレア発のソラシドエア鹿児島行きに搭乗。ANAとのコードシェア便で実質は「ANAの肩代わり」みたいなものですが、今回は「ソラシドエア」としてチケットを購入しました。その方…

令和2年3発目、足湯列車「つどい」乗車。その2:超のんびりトレインでした、「つどい」。

バスで近鉄湯の山温泉に戻り、いよいよ足湯列車「つどい」に乗車。名古屋からの往路にも乗ってみたかったのですが、この日は名古屋発は満席で確保できず、復路だけということになりました。人気あるってことなのかしら。 列車は3両編成で、乗車は名古屋寄り…

令和2年3発目、足湯列車「つどい」乗車。その1:御在所、もっと評価されていい。

御在所岳へ行ってきました。 近鉄名古屋駅から急行で四日市まで。 四日市駅で近鉄湯の山線、湯の山温泉行きに乗り換えます。 名古屋から1時間強で湯の山温泉駅に到着しました。 駅前にバス停があり、ここから御在所ロープウェイ乗り場までは約10分の道のりで…

令和2年2発目、「奈良ホテル」に泊まりにいく。

クラシックホテルの名門、奈良ホテルに泊まってきました。 奈良ホテルの開業は1909年。昨年から今年にかけて「開業110周年」ということで記念企画を打ち出しているのですが、そのなかで「大感謝ありがとうセール」というのがありました。1泊のルームチャージ…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その7:「リゾート21」、その観光列車のご先祖様的なもの。 

せっかく伊豆、下田まで来たんだから金目鯛食べたい!と「ごろさや」でランチ。 せっかく来たんだし(そればっかりやないかい)、一番お高いクラスにあたる「刺身と金目煮定食」を奮発です。最初にお刺身が出てきましたが、確かにお値段だけのことはあります。…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その6:さよなら251系。 

東京で一泊。東京駅へやって来ました。11時発の特急「スーパービュー踊り子5号」に乗車、伊豆急下田まで向かいます。 10分ほど前に列車が入線してきました。この「スーパービュー踊り子」をメインに投入される251系です。 インパクトのあるデザインの車両な…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その5:JAL新型機「A350-900」搭乗。 

苫小牧駅です。駅前には閉鎖されたビルが建っていたりと、かなり寂れた印象。 駅前では何やらイルミらしきものが。 「とまこまいイルミネーション」として2月中旬までやっているそうです。アーチの中に入れるようになっていて「映え」そうな感じ。 次の電車…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その4:日高線代行バスに乗る。 

昼食の後は様似駅に戻り、ここから日高本線の代行バスに乗車します。12:45発の静内行き、JR北海道バスによる運行でした。運休区間は様似~鵡川ですが、代行バスの運行は様似~静内と静内~鵡川とに分割されています。 バスの窓からは平行する線路が見える区…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その3:黄金道路を貸切?バスで。 

二日目の朝7時、帯広駅前のバスターミナル。 今日はまずここから、広尾までの路線バスに乗車します。 7:15に帯広バスターミナルを発車。 郊外に出ると、北海道らしい平野の雪景色が広がります。 1時間半ほどで忠類のバス停に到着。ここで5分ほどの停車時間が…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その2:帯広プチグルメまつり。 

帯広について真っ先に向かったのは六花亭の本店。当初は午後2時には着いてる筈だったので、「カレーショップ インデアン」で遅い昼食、ってとこから始めるつもりだったんだけどな…。 六花亭といえば「マルセイバターサンド」など「北海道のお土産」イメージ…

令和2年1発目、日高線代行バスと「スーパービュー踊り子」。その1:新千歳空港ぐるぐる。 

1月の3連休、初日の朝の札幌行きJAL便がなんとマイルで取れちゃいました。そんなわけで、またセントレアにやってくる羽目に。 「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト」なるものが進行中で、その一環としてセントレアの到着ロビーに「金色のエヴァンゲリオン…

令和元年19発目、さよならSAAB。その6:黒豚喰って帰る。

では、名古屋へ帰ります。 搭乗するのはJAC3774便、本日最終の鹿児島行きです。 機材はATR72-600。フランスとイタリア合弁のATR社によるコミューター路線向けプロペラ機です。燃費の良さと機体のお値段のお得さで最近見直されているようで、このタイプのベー…

令和元年19発目、さよならSAAB。その5:種子島空港へ帰還。

種子島宇宙センターを後にして、種子島空港へと戻ります。 空港と宇宙センターとの往来は主に県道75号線を利用しましたが、途中でマングローブの群生地を通ります。 ここは県道沿いの展望施設「マングローブビューなかたね」からの景色。 県道から外れて奥へ…

令和元年19発目、さよならSAAB。その4:もっと評価されていい「種子島宇宙センター」。

せっかく種子島まで来たので、前から来たかったところを観光します。 種子島空港からはレンタカーを利用します。「ニコニコレンタカー」で6時間借りて2420円也。利用便の到着に合わせてカウンターにスタッフが待機しており、手続きはスムースに進みました。…

令和元年19発目、さよならSAAB。その3:もうすぐ引退、JACのSAABに乗る。

さて、今回わざわざ鹿児島までやってきたのは、日本エアコミューターの「SAAB340B」に乗るのが目的。この機材、スウェーデンの「SAAB」社製で、日本エアコミューターでは1992年から使用されていますが、この12月に引退が決定しました。実は11月末に退役記念…

令和元年19発目、さよならSAAB。その2:地味に凄いのかも、鹿児島空港「SORA STAGE」。

一晩明けて、鹿児島空港へ戻ります。 鹿児島での宿泊先は「ホテルパームス天文館」、ビジネスホテルですが一部がカプセルホテルになっています。この日、鹿児島市内ホテルの宿泊費が妙に高騰しており、どうせ「寝るだけ」だし…とこちらにしました。おねだん1…

令和元年19発目、さよならSAAB。その1:激安ジェットスターで鹿児島。

セントレアの「第2プレミアムラウンジ セントレア」に来ました。利用便の出発時間よりちょっと早く空港に着いてしまい、時間潰し。 セントレアのクレジットカード利用者向けラウンジの凄いところは「アルコール飲み放題」。しかも無駄に銘柄が凝ってます。こ…

令和元年18発目、山陽エリア観光列車ざんまい。その5:船で行く鞆の浦+「ラ・マルしまなみ」。

尾道からはJR西日本の観光列車「La Malle de Bois」に乗車…なのですが、ちょっと寄り道します。この車両、主に土曜日に「ラ・マルせとうち」として岡山~宇野間を、日曜日に「ラ・マルしまなみ」として岡山~尾道間を往復するスケジュールとなっており、ときお…

令和元年18発目、山陽エリア観光列車ざんまい。その4:さよなら「瀬戸内マリンビュー」。

広島からは今年で運転を終了する列車「瀬戸内マリンビュー」に乗車…なのですが、広島発10:03と1時間半以上も待ち時間があります。 そこで、普通列車で呉まで先行してちょっと観光し、「瀬戸内マリンビュー」には呉からの乗車ということにしました。なお、呉…

令和元年18発目、山陽エリア観光列車ざんまい。その3:程々のやり過ぎ感、「Hello Kitty Shinkansen」。

福岡で1泊して、朝6時半前の博多駅へ。 今日の旅はコレ、「Hello Kitty Shinkansen」からのスタートです。博多発6:42の「こだま730号」新大阪行き、主に週末に「ハローキティ新幹線」仕様の500系が投入されています。 先頭車の運転席脇にはロゴが。 各車両の…

令和元年18発目、山陽エリア観光列車ざんまい。その2:柳川で観光。

本来の用事は夕方から。まだ行ったことがない柳川を観光してみることにしました。博多から地下鉄で天神に移動し、西鉄福岡駅へ。 大牟田行きの特急に乗車。 柳川までは約50分の道のり。西鉄福岡を出るときには空いていたのですが、隣の薬院駅からかなりのお…

令和元年18発目、山陽エリア観光列車ざんまい。その1:夜行バス「どんたく号」で福岡へ。

福岡で友人と会う話になったので、ちょっとお出かけ。今回は往路は福岡まで夜行高速バス「どんたく号」を利用してみることにしました。大手バス会社運行では、今や名古屋から九州を結ぶ唯一の路線となってしまいました。以前は長崎や熊本まで行くバスもあっ…

<番外編>700系、モノレール、ゲーセン。なくなるもの拾い。

ちょっと私用で東京に行くことになりまして。 折角なので、もうすぐ無くなってしまうものを巡ってみることにしました。まずは新幹線700系。12月には東海道新幹線の定期運用から外れ、3月には完全引退が決まっています。「700系」自体としてはJR西日本の8両編…

令和元年15発目、エアアジアで仙台。その3:仙台(市内だよ)2日目。

仙台での宿泊先は「東横INN仙台東口1号館」。どこに行っても東横インは東横イン、という安定のクオリティなのは凄いです。 朝食も典型的な東横インのスタイル。最近はご当地ものを取り入れているところも見かけますが、こちらは「ごく普通」でした。 今日は…